妊婦さんは特に注意を!予防法はどうする?

妊娠中というのは、いろんな病気に気を付けるようにしなくてはなりません。出来るだ薬は飲まないようにしておきたいですので、いろんな病気を防ぐ努力をしていくようにするといいでしょう。

出来るだけ人ごみを避けるようにしたり、マスクをして行動をするようにしていく事で、少しでも病気にかからないようにすることが出来るようになります。特にインフルエンザなどに関しては高熱が出るような病気でもありますし、妊婦は免疫力が下がっているようになりますので、感染しやすくなっているのです。

冬の初めから春先までは油断することなく感染防止に努めていくようにしなくてはなりません。そこでインフルエンザ予防のために有効的なのが、予防接種を受ける事です。しかし妊婦でもインフルエンザの予防接種は受けてもいい物なのでしょうか。

基本的には摂取してもいい物とされていますが、出来るだけ妊娠初期は避けるようにしておいた方がいいでしょう。流産しやすい時期でもありますので、避けるようにしておく方がいいと考えられるからです。

予防接種をして予防をするようにしておくのか、それとも徹底して人ごみなどを避けて予防していくようにするのか、自分の判断によって決めるようにするといいでしょう。しかし他にも子供がいる場合には、どうしても幼稚園からもらってきたりすることもありますし行動範囲も広くなりますので、出来るだけ予防接種を受けるようにしておいた方が良さそうです。

予防接種は効果的だけど絶対ではない

寒い時期になると体も不調が生じやすくなりますが、特に感染力の強いインフルエンザには気をつけたいところです。インフルエンザは咳やくしゃみといった症状が出ることは少ないですが、かなりの高熱が出ることで知られており、かかってしまうと数日はかなりつらい時間を過ごすこととなります。

流行しているときは人ごみを避けるなど感染しない努力もしておきたいですが、通勤や通学がある場合はそうは言っていられませんので、予防策も考えておきましょう。

インフルエンザの予防ではマスクや消毒薬、うがい薬などのアイテムも利用されていますが、特に予防接種は効果的とされています。学校や病院などでは集団感染を防ぐためにも予防接種が行なわれることが多くなっています。

注射をしておけばそれでかからないというわけではなく、時には感染してしまうこともありますが、そうした場合も予防接種をしている場合は症状が比較的軽く済むとされています。接種を行なうことで、体内にウイルスに対する抗体を作り、ウイルスが入ってきた場合もそれを攻撃することで、発症を抑えたり、重症化するのを防いでくれる役割があります。

特に持病がなく、健康な若い世代の場合は感染したとしても一週間程度で回復していくとされていますが、子供や高齢者の方の場合は抗体ができにくいこともあり、毎年接種していても感染する場合もありますが、入院に至るような重症化を防ぐためにもやはり接種はしておきたいところです。

潜伏期間でも感染力がある

元気だったのに、いつの間にかインフルエンザに感染していた、というのは、よくあるパターンです。厄介な点としては、インフルエンザは突然症状が現れるという事と、潜伏の期間であっても感染力を持っていることでしょう。

一般的にインフルエンザの潜伏の期間は、1日から2日間くらいである、と言われいます。ウイルスが外部から体の内に入り込んで、インフルエンザ症状を発症していくまでの期間を、潜伏期間と呼んでいます。長くて3日間、通常でしたら1日から2日巻ほどの潜伏期間です。

しかし、この数字で見る限り、ほかにもウイルス性疾患はありますが、比べてみた時に、とても短い潜伏期間であるということにも気がつきます。世の中には多くのウイルス感染症がありますが、ほとんどの場合が、1週間から10日間くらいの潜伏期間があるものです。インフルエンザウイルスの潜伏している期間が短いのには、それなりの理由があります。

そもそもウイルス自体の、増えるスピードが違うのです。ンフルエンザに感染していると、本人が気がつかない段階でも、実は周囲へウイルスを感染させている源となっているパターンはよくあることです。それほどまでに増殖スピードは速いのです。そのため自分が感染したときはもちろんのこと、家族であったり、友達が感染したとわかったら、自分が感染元とならないような対策をする事が大事です。

手洗いやうがいの徹底はもちろんのこと、マスクなどを使用したりと、飛沫感染による、これ以上の拡大を防止していくための対策も大切となってくるのです。