ヨーグルトなどの乳酸菌の力で予防を目指す

気温が下がって寒くなってくると、風邪をひきやすくなったり、インフルエンザにもかかりやすいシーズンの到来です。年末年始などは、非常に多忙な時期となりますから、熱を出して寝込む暇はないでしょう。

普段から手洗いやうがいといった予防対策を徹底させて、必要とあればインフルエンザ予防のワクチン接種を、病院で済ませておくという方法もあります。 しかしワクチン注射を打ったのにもかかわらず、インフルエンザにかかるという話は聞くものです。

ワクチンというのは、ひとつの予防対策ではあるものの、100%パーフェクトな防御策ではないのです。ワクチンの接種済みと過信しないことです。基本的な手洗いとうがいを毎日行いながら、ウイルスに負けないような、強い身体づくりにも、取り組むことが大事になってきます。

そこで、出来るだけ早い時期からスタートしたいのが、乳酸菌を積極的に摂取することです。乳酸菌が含まれているもの、ヨーグルトや乳酸菌飲料には、ウィルスへの抵抗力を高める働きがあります。ラブレ菌や1073R-1乳酸菌など、実際に市販のヨーグルトなどにも用いられています。

サプリメントによる摂取でも同様か、それ以上の効果を得られるので、本気で乳酸菌によるインフルエンザ予防を考えるのであれば、乳酸菌サプリメントの摂取も検討してみましょう。

ウイルスの侵入があった時にも、免疫細胞のナチュラルキラー細胞のパワーが高くなったり、感染したとしても、症状が重くなりすぎないといった効果もあります。ですから積極的な摂取が、身体の防御力をパワーアップさせて、インフルエンザウイルス感染も防いでくれることになるのです。