風邪とは違う特徴的な症状と検査方法

インフルエンザは通常の風邪とは違い、こじらせてしまうと大変です。通常の風邪との症状の違いは、体温上昇のレベルが特徴的と言えます。ウイルスにかかると、熱が出てから、短い時間でに38℃を、すぐに越えてしまいます。

最初は普通の風邪と思いがちですが、何か違うと感じたら、正しい検査方法で、インフルエンザかどうか、判断することも大切です。インフルエンザの症状としては、熱が38℃を上回る高熱が出て、やけに寒気がおそい、震えが出てくることもあります。

体のだるさが半端なく、関節痛であったり、運動をしたわけでもないのに筋肉痛が激しくなります。頭もガンガン痛みが増して、喉の痛みも出てきます。これに鼻水やくしゃみの連発です。検査方法として医療機関では、インフルエンザウイルス抗原検出のための、迅速キットが使われています。

鼻の粘膜を綿棒でサッとこすって、液体に浸します。しばらく時間をおくこと15分、現在その人がインフルエンザ感染しているかどうかの結果が出るというものです。もし発症したら、検査を受けるのは48時間以内でないとなりません。

3日目を過ぎてしまうと、体内のウイルスは減少し始めますから、正確な診断ができなくなってしまうのです。インフルエンザというのは、体内への潜伏期間が高いのは、1日から2日間のあいだであると知っておきましょう。発症して3日間くらいが、期間中で最もウィルス感染パワーがマックス状態になると言われています。