便秘との関係性と食物繊維

インフルエンザ対策として、病院で予防接種を受けることも、効果的な方法のひとつです。しかし体の免疫力が低い状態だと、通常の風邪も、ウィルスにもかかりやすくなります。

リンパ球は、体を守る免疫細胞のひとつです。外部より侵入しようとするウイルスたちから、体を守ってくれるリンパ球というのは、約60%が腸内に存在しています。そのため腸というのも、免疫機関としては重要なポジションであるといえます。

腸内環境が荒れている場合、どうしても便秘がちになってしまいます。乱れた腸内環境というのは、放っておくと、免疫力がどんどん低下してしまいます。免疫力が下がれば、インフルエンザウイルスなどにも、掛かりやすくなってしまいます。そこで便秘対策としても、インフルエンザ予防としても、腸内環境の状態を良い方向へ導く努力をすることが大切になってきます。

食品で言えば、チーズやヨーグルトやチーズなどの乳製品は、積極的に摂取したいものです。バナナですとか、こんにゃくなんかも、食物繊維は多いですしお勧めです。しかも、腸内に善玉菌を増加させるという作用もあるので、日頃から取り入れたい食材です。

インフルエンザにかかると、高熱を出して発汗も多くなります。体の水分は、どんどん少なくなって乾燥している状態となっていきます。そうなると便秘のリスクも出てきますから、それも含めた意味で、水分摂取は大切になってきます。インフルエンザでの水分摂取はもちろんのこと、日頃から良質な水分を、たっぷりと摂取するようにしましょう。