よく聞くA型とかB型ってなに?

インフルエンザにはA型B型C型といった種類があります。ニュースなどでも今年の流行はA型ですとか、B型ですなどということが報道されて良く耳にすることはありますが、インフルエンザの型の違いはないかわからない人も多いです。

インフルエンザのA型B型C型にはそれぞれに特徴があります。

A型は最も一般的といっていい型で、感染力が強く流行しやすい特徴があります。人だけではなく、鳥や豚、馬などにも感染しウイルス内部で多様に変異するためA型の中でも様々な種類があります。

人に感染するのはその中の一部のみで、12月から1月に多く感染が見られ38度を超える高熱がでます。

B型はA方とは異なり、人のみに感染します。感染力は強いですが、高熱にはなりにくく免疫を持った人も多いのでA型のように流行になることはあまりありません。しかし自覚しにくく体内にウイルスが残留する期間が長いので周りの人に移してしまう可能性が高いのが特徴です。B型は2月から3月に多く感染が見られ、A型よりも解熱に時間がかかります。

C型もB型のように人のみに感染するインフルエンザです。A型やB型は冬場に多く感染が見られますが、C型は通年性のインフルエンザです。免疫力の弱い5歳以下の子供に感染が多く見られ、感染力も弱いため症状に気がつきにくく風邪と間違えられることが多いのが特徴です。

免疫はほぼ一生持続されるので一度かかるともうかかることはありません。ただし、C型にかかったからと言って他の型にかからないと言うことはありません。予防方法は基本的にどの型も同じで生活習慣や手洗いうがいが大切です。